digitalstacks logo

株式会社Digital Stacks

FAQ

はい。負荷テストツールは、お客様のサーバのバックエンドに対してHTTPまたはWebSocketリクエストを実行します。考え方としては、バックエンドにリクエストを送信する仮想エージェントを(概念的には複数のユーザーがいるように)立ち上げ、負荷を誘発し、サーバがレスポンスでリクエストをどれだけ速くまたは遅く満たすかのパフォーマンスを見るということです。

HeadSpinは、30以上の自動化テストフレームワークと、Appium、Selenium、Espresso、XCUITests、XCTests、UI Automator、EarlGrey、FitNesse、JUnit、TestNG、Experitest、KIF、Calabashなどのすべての主要なフレームワークをサポートしています。

はい、すべての機能がiOSとAndroidの両方で機能します。これには、HeadSpin Remote Control、パフォーマンスセッション、HeadSpin Performance Monitoringが含まれます。

即日、ほとんどの場合、即時です。

ネットワークトラフィック、クライアント側のパフォーマンス統計、ビデオなどはパフォーマンステスト中にデバイスからキャプチャされ、HeadSpinのAIベースの問題検出エンジンに送られます。これにより、テストセッション中のボトルネックと問題を特定するパフォーマンスセッションレポートが生成されます。

はい。HeadSpinは、アプリを実行している実デバイスのユーザーエクスペリエンスとパフォーマンスメトリックを追跡し、AIベースの問題検出エンジンを使用して根本原因を特定します。

はい。姉妹会社のNimbledroidを使用すると、新しいビルドごとにテストやパフォーマンスセッションを実行できます。HeadSpinのすべての機能は、APIを介して自動化できます。テスト結果とパフォーマンスデータはレポートデータベースに格納され、ダッシュボードに配置されます。

はい、React Nativeで構築されたアプリをサポートしています。AndroidまたはiOSデバイスにアプリがインストールされていれば、HeadSpinでテストすることができます。

並行テストセッションがサポートされており、セッションを同時に実行できます。

いいえ、root化やジェイルブレイクはデバイスのシステム権限を高めてしまいますし、普通のユーザーなら絶対にしないことだからです。

はい、JenkinsやSlackとのインテグレーションをサポートしています。

当社のAIベースの問題検出システムは、ネットワークからクライアント、クライアント・サーバデータまですべてを提供するダッシュボードに表示されます。

はい。スマホ以外にも、Apple TV、Android TV、Androidセットトップボックス、タブレット、ウェアラブルもサポートしています。

Jira、PagerDuty、Service Now、Slack、Eメール、SMSなどとのインテグレーションが可能です。

はい。

はい、オーディオファイルとビデオファイル(60 fps)の高忠実度テストをサポートしています。

はい。

はい、すべてのプラットフォーム機能とデバイス操作用のREST APIがあり、そのための詳細なドキュメントが用意されています。

はい。

Wi-FiおよびLTEルータです。

現在、すべての主要なブラウザ(Chrome、Firefox、Edge、Safari)のモバイル版とデスクトップ版の両方でWeb自動化を提供しています。

UI Automator 2、Espresso、XCUITestなどのそれぞれのネイティブフレームワークに加えて、AppiumでAndroidおよびiOSオートメーションを完全にサポートします。Appiumオープンソースプロジェクトにも貢献しています。

Android TVとiOS TVオートメーションを完全にサポートしています。

すべてのモバイルデバイスとデスクトップに対応したブラウザとクロスブラウザの自動化テストを提供しています。

はい、70か国以上の拠点に何千ものデバイスを置いています。

はい、所定のデバイスで支払いオプションを設定できます。

ユースケースごとにテストを実施できるため、テストの全期間にわたってセッションを実行できます。