digitalstacks logo

株式会社Digital Stacks

コードプロファイリング

ビルドの繰り返しによる劣化を予防的に検出し、ネイティブコード、デバイスリソース、サードパーティSDKに関連するクライアント側の問題を深く掘り下げます

code profiling

今日のモバイルアプリとWebアプリは複雑な依存関係に依拠して、ユーザーが期待する競争力のあるエクスペリエンスを提供しています。タイトなスケジュールで高品質なリリースを迅速にリリースするためには、モバイルアプリのすべてのビルドで重要なユーザーフローを自動的にプロファイルし、ネイティブコード、デバイスリソース、サードパーティSDKなどのクライアント側パフォーマンスの問題を迅速に特定できる必要があります。

HeadSpinのNimbleAppをCIワークフローに組み込むことで、開発者、QA、製品、エンジニアリングのマネージャーを支援できます。


  • 開発サイクルの早い段階で問題を特定する
  • 問題解決を加速
  • 最初から高品質のアプリを公開する
  • 収益の増加と高いユーザーエンゲージメントを確保
Deep Code Visibility
コードの詳細な可視性

重要なアプリのユーザーフローを実際のデバイスでプロファイルします。クラッシュ、ハング、スローメソッド、サードパーティSDKの膨張などの問題の根本原因を特定します。

Smart Alerts
スマートアラート

組み込みAIを使用して、コードの悪化をキャッチして修正します。問題のコードが導入されるとすぐに、スローダウン、クラッシュ、その他の重大な問題について即座に警告を受けられます。

CI/CD Integration
Ci/Cdインテグレーション

継続インテグレーションワークフローとシームレスに統合し、アプリのすべてのビルドを自動的に分析します。リリースチェックリストをスピードアップして問題を見つけます。

アプリのライフサイクル全体で完全な可視性と制御を確保

code profiling

SDKやコードの変更は不要です。高度に制御された環境で、実際のデバイスでiOS、Android、およびモバイルWebアプリをテストします。


ユーザーフローの自動検出APKまたはIPAをアップロードすると、NimbleAppはインターフェイスをクロールし、プロファイリングのユーザーフローを自動的に識別します。


カスタマイズされたユーザーフロー:標準のEspresso構文を使用して、ビジネスに不可欠なアクションをプロファイルするマルチステップのユーザーフローを作成します。単純なログステートメントを使用して、測定の正確な開始と停止に注釈を付けます。

code profiling

アプリのクラッシュを診断する

プロファイル化されたすべてのシナリオの自動クラッシュレポートを、スタックトレースと一緒に取得します。


スローダウンの根本的な原因を特定

依存関係によってコールスタックまたはCPU時間を調べ、遅いメソッドとSDKの膨張を特定します。


ネットワーク、メモリ、ディスクの使用状況を測定する

プロファイルされた各シナリオで、アプリがシステムリソースをどのように使用しているかを確認します。

code profiling

CI/CDワークフローにインテグレーション

Jenkins、Bamboo、TeamCity、UIAutomator、EspressoなどのCI/CDツールとインテグレーションすることにより、機能とパフォーマンスのテストを自動化します。


ビルドの繰り返しによる劣化を特定する

内蔵のAIを使用して、アプリのすべてのビルドを自動的にプロファイルし、ベースラインを設定します。問題が発生するとすぐにパフォーマンスの低下を特定します。


パフォーマンスの経時変化を追跡:アプリのすべてのビルドのパフォーマンス履歴を追跡して、チームにアプリのパフォーマンスが時系列でどのように変化したかを把握することができます。

code profiling

クラッシュとスローダウンのスマートアラートを取得

メールとSlackのアラートを設定して、アプリのクラッシュやスローダウンを通知します。


アプリのビルドを自動的に比較する

すべてのコールスタック、システムリソース、アプリの起動、ユーザーフローの指標をアプリビルド全体で比較して、パフォーマンスの低下の原因を特定します。


メソッド数とパッケージサイズの追跡

APK/IPAパッケージサイズの増加を特定し、メソッド数に何が追加されているかを確認します。