digitalstacks logo

株式会社Digital Stacks

エクスペリエンスモニタリング

世界中の実デバイスと実ネットワークでマルチチャネルデジタルエクスペリエンスのKPIを測定します

experience monitoring
Real-time Visibility
リアルタイムの可視性

世界の百以上の場所にある実際のデバイスとキャリアネットワークで、すべての配信チャネルにわたるデジタルエクスペリエンスを継続的に追跡します。

Extensive Metrics
広範なメトリック

エンドツーエンドのアプリ、ネットワーク、デバイスのKPIを測定します。これには、スクリーンレス、マシンツーマシン、ストリーミング、アプリ固有のカスタム定義のユーザージャーニーインタラクションが含まれます。

Powerful Analytics
強力な分析

簡単に実行可能なAIによる洞察とアラートを取得します。これにより、キャプチャされたデータとインテリジェンスがビジネスの成功につながります。

experience monitoring

デジタルヘルスとパフォーマンスに関する重要な洞察を得る

きめ細かい監視:KPIを場所、デバイス、OS、アプリのバージョン、キャリアネットワーク別に表示し、SDK、API、CDNがデジタルエクスペリエンスに与える影響を理解できます。


直感的な視覚化:カスタマイズ可能なデジタルエクスペリエンスダッシュボードとリアルタイム分析により、実用的なインテリジェンスを取得します。さまざまなアプリケーションやタッチポイント間の相関関係を簡単に確認できます。


プロアクティブアラート:UXの低下やその他の不規則性が検出された場合(たとえば、エンドポイントのダウン、トランザクションのユーザーフローの破損など)、優先度の高い問題が発生するとすぐにアラートが送信されます。


AIを活用した洞察:AIが生成した問題カードと根本原因分析を使用して事態にすばやく対処し、修正に優先順位を付け、次に何が壊れるかの予測的洞察を得るために傾向を分析します。

experience monitoring

気になるすべてのKPIを測定する

オーディオ、ビデオ、生体認証などのエクスペリエンス固有のKPIを含む、広範なアプリ、デバイス、ネットワーク、ストリーミングKPI


重要なユーザージャーニー:カートへの追加、検索結果の読み込み、音楽のストリーミング、ビデオレッスンの開始など、カスタム定義のユーザーフローのインタラクションKPIを追跡します。


画面遷移:最先端のコンピュータービジョン技術を使用して、空白やコンテンツの少ない画面、対話する時間、アニメーションのバッファリングなどを定量化します。


時間経過に伴うKPI追跡:KPIを監視し、任意の時間スケール(毎日、週、月など)でパフォーマンスのベースラインを確立します。


アプリのベンチマーク:重要なKPIのパフォーマンスを同業他社と比べてベンチマークします。パフォーマンスが低下したり、他社に遅れをとった場合に、自動アラートを受信できます。


オープンAPI:REST API、Webhook、BIプラットフォームコネクタへの柔軟な統合により、ビジネスインテリジェンスツールとモニタリングダッシュボードにデータと洞察をエクスポートします。

experience monitoring

ユーザーエクスペリエンスに影響を与えるコードレベルの問題に対処する

コードと依存関係のプロファイリング:コールスタックとネットワークトラフィックフローを分析して、トランザクションの応答時間を遅くしているメソッド、API、SDKやリモートの依存関係の影響を理解できます。


自動化された回帰分析:自動化されたテストとアラートを使用して、ビルドの繰り返しによる劣化を予測的に検出し、劣化の原因となっているコード変更をすばやく特定します。


AIベースの問題検出:機能とパフォーマンスの問題の根本原因を自動的に特定し、迅速な解決を行えます。


DevOps、CI/CDインテグレーション:PagerDuty、JIRA、ServiceNow、その他のツールとシームレスにインテグレーションします。

グローバルデバイスインフラ

HeadSpinのプラットフォームは、世界中の実際のキャリアとWi-Fiネットワーク上の百以上の場所にある何千ものデバイスを搭載しています。

infrastructure

エクスペリエンスエコノミーでのデジタル成功の保証

デジタルエクスペリエンスは、従来の製品やサービスに取って代わるものです。現代の企業は、競争力を維持するために、数多くの配信チャネル、サービス、市場にわたって、ユビキタスに優れたデジタルエクスペリエンスを提供する必要があります。HeadSpinをソフトウェア開発ライフサイクルに組み込むことで、企業はライブアプリのパフォーマンスを監視し、ビルドの繰り返しによる劣化を早期に検出し、問題解決を加速し、新しい市場で自信を持って立ち上げることができます。ワイヤレスキャリアは、ネットワークとサービスの状態を監視し最適化することで、さらなるメリットを得ることができます。

以下の通りビジネスの成果を向上させます。


  • 高品質のアプリを初日から毎日提供
  • ユーザーエンゲージメントと満足度の向上
  • 収益リスクの低減
  • ビジネス継続性と回復力の強化
  • 開発チームの生産性の向上


エクスペリエンス監視のための広範なKPI


UIメトリクス

ページコンテンツスコア、合計ビュー数、フレーム期限切れ、フレームレンダリング時間

デバイスメトリック

CPU使用率、メモリ使用量、バッテリー温度、バッテリー電圧、バッテリーエネルギー消費、緯度/経度GPS座標

アプリの応答性

アプリの読み込み時間、テストランタイム中に行われたネットワーク呼び出し、アプリ内エクスペリエンス中の遅延、ページコンテンツの時系列、アプリイベントの追跡

コードプロファイリング

完全なコールスタックとメソッドの応答時間メトリック

ネットワークプロトコルの詳細

HTTPS要求と応答ヘッダ

接続確立時間

DNSルックアップ、TCP、TLS、UDP、再利用、要求ごとのクライアント・サーバ遅延、要求失敗率

サードパーティSDKメトリック

最初の1バイトまでの時間、ホップ時間、ダウンロード時間、スループット、ダウンロード速度、同時接続

APIサーバ側のパフォーマンス

接続確立時間、ホップ時間、応答時間、エラーコード

ドメインメトリック

シャーディング、ホスト

APIサーバーメトリック

解決されたIP、接続の再利用、接続の多重化、コンテンツタイプ、エラーコード

画像CDNメトリック

CDNエッジ、CDNからオリジンホップ、接続の多重化、ダウンロード時間、画像キャッシュ、画像スケーリング

RFメトリック

GSM RSSI、GSMビット誤り率、CDMA RSSI、CDMA ECIO、EVDO RSSI、EVDO ECIO、EVDO SNR、LTE RSSI、LTE RSRP、LTE RSSNR、LTE RSRQ、Wi-Fi信号強度

セキュリティメトリック

暗号化されていないトラフィック

オーディオとビデオのQoE

  • 知覚的なビデオ品質:ぼやけ、ブロックノイズ、明るさ、鮮やかさ、コントラスト、平均意見スコア(MOS)
  • ストリーミングパフォーマンス:ビデオフレームレートの低下、ロード/バッファリング時間
  • オーディオ:オーディオMOS、マイク入力、スピーカー出力
  • WebRTCサポートーWebブラウザを介してリアルタイムでリモートデバイス上の双方向オーディオ、ビデオに簡単にアクセスしてテスト

バイオメトリクス

  • デバイスの生体認証テスト(指紋、顔認証)
  • 自動化のための一連の生体認証計測ツール(ライブラリ、APIエンドポイント、Web UI機能など)


リファレンスフリーおよび完全リファレンスビデオMOS


リファレンスなしの主観的ビデオ品質MOS

ユーザー審査員によって評価されるビデオの全体的な主観的品質を測定します。結果について他のメトリックに依存しない市場におけるMOSのみです。


  • 特許出願中
  • ユーザーが注釈をつけた独自の動画データセットを作成し、それでトレーニングされたAIアルゴリズムにより生成されます。
  • 畳み込みニューラルネットワークを介してビデオの空間的、時間的特徴を抽出し、ユーザーが評価した結果を返します。

完全参照MOS

Video Multi-Method Assessment Fusion (VMAF)に基づいています。

エンドツーエンドのテストに完全に統合

参照なしと完全参照の両方のMOSは、Appiumなどの自動化フレームワークで活用できます。

ユーザーQoE分析

MOS時系列は、すべてのHeadSpinビデオ品質メトリックと組み合わせて使用でき、どのメトリックがユーザーのエクスペリエンス品質に最も影響を与えるかを理解するのに役立ちます。